生活の快適性を求めて…抗菌防臭、制菌、抗かび、抗ウイルス加工へ裾野拡がる繊維製品の高機能性加工

fj01002600
商品番号:fj01002600

生活の快適性を求めて…抗菌防臭、制菌、抗かび、抗ウイルス加工へ裾野拡がる繊維製品の高機能性加工

再ダウンロード有効期間(日数)10
ファイル名fj01002600.pdf
公開日2019.12.01
バージョン1.0.0.
制作Fiber Japan Co., LTD
¥2,000(税別)

生活の快適性を求めて……抗菌防臭、制菌、抗かび、抗ウイルス加工へ
裾野拡がる繊維製品の高機能性加工
・著者:高麗微生物研究所 高麗 寛紀
・A4版34ページ
・月刊「加工技術」誌 2012年 3・4・5月号掲載

目 次
(1)微生物学概論
1.はじめに
2.微生物概論
2ー1 微生物と人類の誕生
2ー2 微生物の発見と新しい分類法
2ー3 微生物の種類とその大きさ
2ー4 微生物の形態、細胞内構造
2ー5 かびの形態と生活環
3.微生物の生理生態
3ー1 微生物の生育と化学的環境因子
3ー2 微生物の成育と物理的環境因子
4.まとめ
(2)抗菌・制菌・抗かび加工の微生物制御メカニズムと定量的評価試験方法
1.はじめに
2.高機能性繊維加工の微生物制御メカニズム
2ー1 抗菌防臭加工
2ー2 制菌加工
2ー3 抗かび加工
3.高機能性繊維加工による微生物制御の定量的評価方法
3ー1 JIS L 1902の歴史とISO化
3ー2 抗かび加工試験法のJIS化とISO化
4.まとめ
(3)繊維製品の抗ウイルス加工とその評価方法
1.はじめに
2.ウイルス学概論
2ー1 ウイルスの定義とキーワード
2ー2 ウイルスの分類と種類
2ー3 病原性ウイルス
3.繊維製品の抗ウイルス加工と評価方法
3ー1 繊維製品のウイルス加工の意義
3ー2 抗ウイルス加工繊維製品の開発
3ー3 ウイルス株の選定とウイルス実験室
3ー4 抗ウイルス性試験方法
3ー5 抗ウイルス感染価の計算
4.まとめ